勝てないFXはしたくない

買われすぎ・売られすぎがわかる、もう1つの指標

 

サイコロジカルラインと同じように買われすぎ・売られすぎを測るテクニカル指標としてRSl(Relative Strength Index)があります。日本語では、相対力指数と表現されたりもします。RSlはサイコロジカルラインと同じように0から100までの数字で表されます。つまり、0に近づけば売られすぎ、100に接近すれば買われすぎとなるのです。

 

RSlは通常14日間の相場の動きから計算されます。14日間のうち、前日に比べて上昇した日の値幅を上昇値幅合計として集計し、下落した日の値幅を下落値幅合計として集計します。そして上昇した日の値幅合計分を同じ上昇した値幅分合計と下落した日の値幅分合計の和、すなわち上昇および下落の値幅合計で割って求めます。RSlはグラフ上に0%から100%までの数値として表されます。

 

解釈の方法は、100%に近づくと「買われすぎ」でそろそろ売りを考えよう、0%に近づくと「売られすぎ」でそろそろ買いを考えよう、となります。通常は、70%を超えてくると買われすぎ状態、30%以下になると売られすぎと判断できるとされています。

 

そして、70%以上の買われすぎ状態からRSlが反転下落したときが売りシグナル、逆に30%以下の売られすぎ状態からRSlが反転上昇したときが買いシグナルといわれています。このように投資家にある買われすぎや売られすぎめ感覚を、グラフ上に数字としてとらえることができる指標なのです。

 

相場状況を判断しやすい、わかりやすい代表的なテクニカル指標だといえます。

 

 

FXで勝てる人と勝てない人の違いは、長年の実証済みルールを「知っているか」「知らないか」の違いなのです。

    ↓ ↓ ↓
初心者の方や上手くいっていない方は、これ以上勉強するのはやめて下さい!2014年版「FXの黄金律DVD」

RSI (相対力指数)関連ページ

金利差が生み出した円キャリー取引
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
円キャリー取引が活況化した理由
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
個人投資家による円キャリー取引の拡大
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
IMMポジションで海外マーケットの傾向を知る
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
テクニカル分析の方法@ ローソク足
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
テクニカル分析の方法A チャートのパターン
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
テクニカル分析の方法B 移動平均腺
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
サイコロジカルライン
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方