勝てないFXはしたくない

天井を形成するパターン

 

記録したローソク足チャートをパターンとして分析すると、将来の価格がわかりやすくなります。まず、上昇していた相場が下落し始めるポイントのことを天井といいますが、その天井を形成するパターンにダブルトップというものがあります。ほぼ同じ価格で高値を2固形成するパターンです。このような場合、なかなか相場はこの高値を超えていくのが難しいと判断されます。

 

次に、三尊天井(トリプルトップ)。これはダブルトップにはならずに再び高値更新を狙ったのですが、高値を超えることができずに天井を3回形成して下がり始めるパターンです。いずれのパターンも天井を形成してから下落していく可能性が高く、売りのサインといえます。

 

 

負けてばかりのトレーダーだったとしても、投資経験ゼロの主婦だったとしても、臨機応変に相場を攻略できるようになる!「Maestro FX」

詳しくはコチラから
 ↓ ↓ ↓
これでダメならFXはやめましょう。「Maestro FX」

底値を形成するパターン

底値の形成パターンは、上述した天井形成の逆パターンを考えるとわかりやすいでしょう。つまり、谷を形成するダブルボトムと逆三尊(トリプルボトム)です。これらのパターンが出現すると、底値をつけて上昇に転じていくことが期待でき、買いのサインになります。

エネルギーが蓄積したパターン

最後は、エネルギーがたまっているパターン。ここから凝縮されていたエネルギーが解放されて、上昇か下落に大きく転じます。基本的には、三角形のような形を形成し、その先端近くからどちらかに動き時めます。一般的には左側のパターンが上昇型、右側のパターンは下落型と見られています。

テクニカル分析の方法A チャートのパターン関連ページ

金利差が生み出した円キャリー取引
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
円キャリー取引が活況化した理由
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
個人投資家による円キャリー取引の拡大
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
IMMポジションで海外マーケットの傾向を知る
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
テクニカル分析の方法@ ローソク足
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
テクニカル分析の方法B 移動平均腺
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
サイコロジカルライン
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
RSI (相対力指数)
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方