勝てないFXはしたくない

円キャリー取引の定義

 

円キャリー取引は、英語では"Yen Carry Trade"。"Carry"は、「日歩、金利を稼ぐ」という意味で使われるので、円キャリー取引は「円が金利(日歩)を稼ぐ取引」と訳すことができます。

 

特に為替市場の関係者は、第1に「短期金融市場から低金利の円資金」を調達すること、第2に「高利回りの外貨」で運用することを円キャリー取引と呼びます。

 

このことから、個人投資家の行うFXは金融市場から短期資金を調達していないので、円キャリー取引ではないという人もいます。手元に保有している円資金を運用しているだけで資金の調達コストがかかっていないことから、単なる投資パターンの1つにすぎないというわけです。

 

 

負けてばかりのトレーダーだったとしても、投資経験ゼロの主婦だったとしても、臨機応変に相場を攻略できるようになる!「Maestro FX」

詳しくはコチラから
 ↓ ↓ ↓
これでダメならFXはやめましょう。「Maestro FX」

FXを円キャリー取引に分類

このように、円キャリー取引には、はっきりとした定義がありません。こことしては、次のような要件が必要であると考えます。

 

@(低金利の)円を調達、あるいは利用する

 

A外貨で運用する

 

B為替ヘッジはしない

 

C投資目的は外貨との金利差

 

上記のうち為替ヘッジとは、将来に外貨を円に戻すレートをあらかじめ決めておくことです。為替相場の変動による損失は避けられますが、調達した円資金と外貨商品との利鞘(スプレッド)を稼ぐことはできなくなります。FXの個人投資家は、外貨商品に投資するとき、国内で運用すれば得られるはずだった円の利回りを放棄しています。これをコストと考えれば、FXを円キャリー取引に分類しても違和感はありません。

金利差が生み出した円キャリー取引関連ページ

円キャリー取引が活況化した理由
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
個人投資家による円キャリー取引の拡大
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
IMMポジションで海外マーケットの傾向を知る
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
テクニカル分析の方法@ ローソク足
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
テクニカル分析の方法A チャートのパターン
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
テクニカル分析の方法B 移動平均腺
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
サイコロジカルライン
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
RSI (相対力指数)
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方