勝てないFXはしたくない

景気動向は遅れて為替相場に反映する

 

日本の景気がよくなっても、国内の投資家は自分の保有する円がほかの通貨より強くなったと感じる人は少ないかもしれません。為替相場の需給と景気動向は無関係にさえ感じます。

 

実際、景気がよくなれば海外からの原材料やサービスだけでなく完成品の輸入も多くなり、貿易収支を含む経常収支のマイナス要因になります。貿易収支が赤字になれば、円をドルなどに替えて海外に支払う金額が増え、円は一時的に需給が悪化して弱くなるのです。

 

ところが、さらに国内景気が拡大して企業収益がよくなれば、株式市場などの活況で外国からの投資が増加し、資本収支のプラス要因になります。このことは為替相場にも反映され、需給が好転すると初めて円が強くなるのです。逆に不景気になると、在庫が積み上がった後で原材料の輸入が落ちて−時的に国外への支払いは減少。やがて株式の売却などが進んで需給は悪化、円は弱くなります。

 

このように、景気動向が為替市場の需給に反映されるまでにはタイムラグを生じるのです。

 

 

負けてばかりのトレーダーだったとしても、投資経験ゼロの主婦だったとしても、臨機応変に相場を攻略できるようになる!「Maestro FX」

詳しくはコチラから
 ↓ ↓ ↓
これでダメならFXはやめましょう。「Maestro FX」

貿易相手国の景気動向が為替相場に反映する

日本のような設備投資主導型の経済の国において為替相場が敏感に反応するのは、むしろ主たる輸出先であるアメリカやEU、中国を含む東南アジアの景気動向によってです。特に日本から見て重要なマーケットであるアメリカの景気に、為替相場の需給はすばやく反応します。

 

アメリカ経済は消費主導型であるため、景気がよくなれば日本からの輸出が直接的に伸び、受け取るドルが多くなってより多くの円買いになるのです。

通貨に需要に影響を与える原因C 景気動向関連ページ

為替相場を判断するにはどうしたらいいか
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
ファンダメンタルズに基づいた理論@
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
ファンダメンタルズに基づいた理論A
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
ファンダメンタルズに基づいた理論B
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
ファンダメンタルズに基づいた理論C
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
通貨の需給で為替相場は決まる
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
通貨に需要に影響を与える原因@ 金利政策
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
通貨に需要に影響を与える原因A 金利政策が為替に影響しないとき
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
通貨に需要に影響を与える原因B 高金利通貨の為替リスク
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
通貨に需要に影響を与える原因D 国際収支
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
通貨に需要に影響を与える原因E 政治情勢
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
通貨に需要に影響を与える原因F 金融資産
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方