勝てないFXはしたくない

日本の貿易収支は輸出額が輸入額を上回る

 

日本の国際収支の特徴をひと言でいうとしたら、それは「貿易黒字が大きい」となるでしょう。貿易黒字が大きい、ということはどこかがその利益の恩恵にあずかっていることになります。それはどこなのでしょうか?また、貿易収支が黒字の状態が続くと日本の為替レートがどのように変化していくでしょうか?

 

日本の貿易黒字が続いていることは解説しましたが、特定の国に対する貿易収支が一方的に大きくなると、経済摩擦に発展しかねません。1970年代後半から1980年代にかけて、日米間で大きな問題になった日本製晶のダンピング輸出問題はその典型です。

 

当初、アメリカに対する安価な繊維製晶の輸出が取り上げられ、やがて電気製品や自動車にまで拡大していきました。結局、ドルに対する円の切り上げ要求によって、その後は円高になっていきました。

 

 

販売開始から3周年たってもランキング上位をキープ中!FX初心者にでもぱぱっと楽しく稼ぐことができるスキャルピングプロジェクト

詳しくはコチラから
 ↓ ↓ ↓
仕事帰りのサラリーマンも、忙しい主婦も時間をみつけてFXで効率よく稼ぐ方法 『恋スキャFXビクトリーDX完全版』

民間企業の利益として計上

貿易収支の利益は、当然それぞれの企業の営業収益として損益計算書に計上されます。言い換えれば、すべての輸出企業の営業利益から国内販売で得た営業収益を差し引けば、貿易収支とおよそ合致するのです。

 

現在、企業の多くはコスト削減のためエ場を東南アジアや中国に移し、現地から日本を含む消費国に直接輸出するようになってきました。この場合、現地法人化された工場が営業利益を得ます。その利益は、日本の親会社が連結ベースで利益計上したり、配当金として受け取るわけです。いずれにしても、日本の貿易収支には含まれませんが、企業収益としては計上されます。

貿易収支の利益は誰のポケットに?関連ページ

投資収支 @直接投資
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
投資収支 A証券投資
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
資本移転収支とその他の資産
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
外貨準備高増減
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
2国間の決済はどのように行われるか
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
為替取引での決済はいつ行われるか
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
貿易収支の黒字が続くと為替レートはどうなる
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
個人の投資はどこに向かうのか
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方