勝てないFXはしたくない

経常収支に計上される取引の実際

 

それでは経常収支と資本収支に計上される取引が実際どのように行われているか、単純化したケースで見ていきましょう。

 

まずは、経常収支について、日本の会社が、サウジアラビアから原油を輸入するという想定で解説しましょう。原油を輸入する日本の会社は、支払代金に相当する円を貿易手形で日本の銀行に払い込みます。このとき、日本の銀行と原油輸入会社との間で決められる為替レートは、対顧客レートとは別にディーリングとしての市場の相場です。

 

次に、日本の銀行は受け取った貿易手形を現金化(円資金)して、サウジアラビアの原油輸出会社の決済銀行であるアメリカの銀行に米ドルで支払います。このようにしてなされた原油輸入代金の支払いは、経常収支(貿易収支)として日銀に報告されるのです。

 

 

FXで勝てる人と勝てない人の違いは、長年の実証済みルールを「知っているか」「知らないか」の違いなのです。

    ↓ ↓ ↓
初心者の方や上手くいっていない方は、これ以上勉強するのはやめて下さい!2014年版「FXの黄金律DVD」

資本収支に計上される取引の実際

次に資本収支についてです。日本の個人投資家が、中国株で運用する投資信託を購入したケースを考えてみましょう。

 

まず、投資家は窓口になる証券会社等の金融機関に投資信託の購入代金を円で支払います。その金融機関から買付代金を受け取った投資信託会社はこの円資金を信託銀行に振り込み、信託銀行は投資信託会社の指示を受けて円を中国・人民元に交換。

 

続いて、投資信託会社は提携している中国の証券会社に上海株式市場での中国株の購入を指示し、約定できるとその証券会社が指定する中国の銀行口座に買付代金を人民元で支払うよう信託銀行に求めるのです。この受渡代金の送金は、資本収支として信託銀行が日銀に報告します。

2国間の決済はどのように行われるか関連ページ

投資収支 @直接投資
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
投資収支 A証券投資
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
資本移転収支とその他の資産
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
外貨準備高増減
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
為替取引での決済はいつ行われるか
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
貿易収支の利益は誰のポケットに?
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
貿易収支の黒字が続くと為替レートはどうなる
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
個人の投資はどこに向かうのか
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方