勝てないFXはしたくない

モノやサービスの対価のお金の流れ

 

国際金融とは国内と海外の間で行われるお金のやりとりだと述べましたが、そのやりとりは大きく2つに分けられます。

 

まず、モノやサービスの輸出や輸入にともなうお金の流れです。日本企業が自動車や電気製品を海外に輸出すれば、必ず売上代金が海外ら日本へ入ってきます。逆に日本の商社が石油を産油国から購入すれば、支払代金を日本から海外企業に支払わなければなりません。

 

つまり、輸出と輸入という貿易取引には、必ずお金の移動がともなうのです。このようにモノやサービスを売って代金を受け取るような取引のことを実物経済といいます。

投資などによるお金の流れ

次に、投資などにともなうお金の流れです。日本の投資家がアメリカの株式を買えば、お金が日本からアメリカに移動します。逆にアメリカの投資家が日本の株式に投資すれば、お金がアメリカから日本に入ります。こういった投資のことを証券投資といいます。

 

証券とは国債や地方債などの債券や株式、投資信託のことです。また、日本の精密機械メーカーがドイツに進出しエ場を新たに建設すれば、建設代金が日本からドイツに移動します。あるいはフランスの自動車メー申−が日本の自動車メーカーに資本参加すれば、お金がフランスから日本に入ります。こういった投資のことを直接投資といいます。

 

また、このようにモノは動かずにお金だけ動くようなことをマネー経済といいます。1970年代までは国際金融といえば実物経済のことでしたが、現在では国際金融取引の実に9割近くがマネー経清で占められているのです。

 

 

10万円の資金からスタート!最速でFXトレーダーになれるサインと共に一生付き合えるロジックも手に入れて下さい。

詳しくはコチラから
 ↓ ↓ ↓
TURBO FX〜3ステップ・トレードシステム〜

実物経済とマネー経済関連ページ

FXになぜ国際金融の知識が必要なのか
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
国内金融と国際金融
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
外国とのお金のやり取りがわかる国際収支
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
貿易収支とサービス収支
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
所得収支-投資収益と雇用者報酬
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
経常移転収支には海外への資金援助等を計上
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
お金のやり取りは資本収支
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方