勝てないFXはしたくない

国内金融とは国内限定のお金のやりとり

 

日本国内におけるお金のやりとりを国内金融といいます。国内金融で大きなシェアを占めるのは、インターバンク市場と呼ばれる金融機関同士のお金のやりとりです。金融機関同士のお金の決済(資金決済)は日本銀行(日銀)の当座預金を通して行われ、日銀はインターバンク市場で資金決済が円滑に行われるよう常にウオッチしています。

 

そのほかにも、企業(個人)と金融機関、企業同士、あるいは個人と個人のお金の受け渡しも国内金融です。例えば、個人が金融機関にお金を預け入れることはもちろん、友達にお金を貸す行為も国内金融になります。

 

 

FXで勝てる人と勝てない人の違いは、長年の実証済みルールを「知っているか」「知らないか」の違いなのです。

    ↓ ↓ ↓
初心者の方や上手くいっていない方は、これ以上勉強するのはやめて下さい!2014年版「FXの黄金律DVD」

国際金融とは海外とのお金のやりとり

国内と海外で行うお金のやりとりのことを国際金融と呼びます。例えば、国内に住む人が海外の人や会社と取引してお金をやりとりすれば国際金融になります。

 

国際金融が国内金融と異なる点は大きく3つです。第1に、外国為替取引をともなうこと。ある国の企業と別の国の企業が国境を越えて取引をする場合、それぞれの企業は自分の国の通貨を交換しなければなりません。このような通貨の交換が外国為替取引です。

 

第2に、国内金融のようにウオッチし、必要に応じてコントロールする中央銀行がないこと。お金が不足しても、世界全体をコントロールするような中央銀行がないため、それぞれの国や地域で対応するしか方法がないのです。

 

第3に、海外の経済情報の影響を受けること。お金は有利な投資先、原材料費などの安い国や地域を求めて動きまわるため、海外情幸馴こ極めて敏感に反応します。

国内金融と国際金融関連ページ

FXになぜ国際金融の知識が必要なのか
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
実物経済とマネー経済
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
外国とのお金のやり取りがわかる国際収支
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
貿易収支とサービス収支
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
所得収支-投資収益と雇用者報酬
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
経常移転収支には海外への資金援助等を計上
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
お金のやり取りは資本収支
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方