勝てないFXはしたくない

通貨の特徴

 

世界にはたくさんの通貨があります。ネットFXはこれらの通貨を売買するやりとりです。複数の通貨で取引をすることで、為替リスクを軽減させることができます。世界の通貨の特徴や各国の経済状況を把握して、値動きを予測する役に立てましょう。

 

 

10万円の資金からスタート!最速でFXトレーダーになれるサインと共に一生付き合えるロジックも手に入れて下さい。

詳しくはコチラから
 ↓ ↓ ↓
TURBO FX〜3ステップ・トレードシステム〜

 

通貨の特徴記事一覧

米ドル(USD)

米国の米ドル(USD)は、世界3大通貨(米ドル・ユーロ・円)のうちのひとつで、世界中で決済通貨として使用できます。国際間の貿易・資本取引などの多くは米ドルで決済されるため、取引高も最大です。ニュースなどから得られる情報が豊富で、取引の判断がしやすい通貨といえます。一方、米国の金融政策や貿易、雇用など...

≫続きを読む

ユーロ(EUR)

EU(欧州連合)加盟国25カ国中、15カ国で公式に採用している単一通貨です。ユーロ圏におけるGDP、貿易高、取引高など、ユーロ圏の経済規模は米国と肩を並べるほどになり、最近では米ドルにつぐ第2の基軸通貨といわれています。ここ数年では、FXにおいてもユーロの取引高は多くなっています。しかし、政治的には...

≫続きを読む

英ポンド(GBP)

イギリスの通貨である英ポンドは、米ドルの前の基軸通貨でした。しかし、第二次世界大戦後は 「英国病」と呼ばれる〉ほどの経済的低迷状態に陥り、通貨価値が低下しました。その後、1990年代後半から行なった大胆な構造改革が功を奏し、経済は活気を取り戻しました。現在、毎年平均2%台の経済成長を達成し、おおむね...

≫続きを読む

スイスフラン(CHF)

スイスフランはかつて国際金融市場において、英ポンド、独マルク、仏フランと並ぶ重要な通貨でした。しかし、ユーロ誕生後は孤立しているのが現状で、ユーロとの相関性はあまり高くありません。スイスフランの大きな特徴は、スイスが永世中立国であるために、地政学的なリスクが低いことです。「リスク回避通貨」として知ら...

≫続きを読む

カナダドル(CAD)

カナダドルは、カナダのほか米国北部の一部地区で米ドルと等価で使用できるところがあります。カナダドルには愛称があり、「キャンディー」と呼ばれています。日本での流通量はとても少なく、銀行や両替商での交換手数料は、米ドル、ユーロ、スイスフランなどに比べて、豪ドルと並んで割高です。カナダは1991年以来、経...

≫続きを読む

豪ドル(AUD)

オース小ラリア連邦で使用されている豪ドルは、オーストラリア国内の経済の安定傾向により金利が高いのが特徴です。高金利通貨の代表格といえます。FXでも、スワップポイントの高さから、長期保有する投資家が増えています。しかし、外国為替市場におけるシェアがそれほど大きくなく、取引量が少ないため、欧州のヘッジフ...

≫続きを読む

アフリカランド(ZAR)

アフリカランドは、南アフリカ共和国で使用されている通貨です。2010年に開催されたFIFAワールドカップの開催国ということもあり、現在、世界的な注目を集めています。南アフリカ共和国は鉱物資源に恵まれた資源大国です。金やダイヤモンド、プラチナなどのほか、レアメタルと呼ばれる希少な金属(パラジウム、マン...

≫続きを読む