勝てないFXはしたくない

逆張りに有効なRSI

 

RSIは、「相対力指数」ともいいます。過去一定期間の変動幅における上昇分の割合を表したもので、ストキャスティクスと同様に売られすぎ・買われすぎを判断する逆張り系の指標です。

 

具体的には、過去一定期間の価格の上げ幅(前日比)の合計を、同じ期間の上げ幅の合計と下げ幅の合計(いずれも絶対値)を足した数字で割って、100を掛けたもので、0〜100%の範囲で推移します。

買われすぎ売られすぎを判断

RSIの数値は、一定期間のうちで上昇の割合が高いはど100%に近づき、下落の割合が高いほど0%に近づきます。この数値から、売られすぎ・買われすぎを判断します。

 

判断水準としては、数値が70%を超えれば買われすぎ、30%を割れば売られすぎの水準といえます。

 

しかし、RSIは70%以上や30%以下の水準で推移する場合も多く、RSIがその水準に達した場合でも、すぐに売買の判断はしないほうがよいでしょう。しかし、実際には相場は行きすぎとなることが多いので、取引に慣れるまでは10%付近、90%付近まで待ったほうがよいでしょう。

 

ほかのテク二カルチャートと組み合わせて分析することが重要です。

 

 

10万円の資金からスタート!最速でFXトレーダーになれるサインと共に一生付き合えるロジックも手に入れて下さい。

詳しくはコチラから
 ↓ ↓ ↓
TURBO FX〜3ステップ・トレードシステム〜

ボックス相場に強いチャート

RSI自体のトレンド転換を見極めて売買のサインをつかむには、次のことを参考にしてください。

 

 RSIが70%を超えた後、再び70%を割り込んだとき→売りシグナル

 

 RSIが30%を割り込み、再び30%を超えてきたとき→買いのサイン

 

ただし、逆行現象もあります。逆行現象とは、価格とRSIがお互いに反対の方向に動く状態です。特に、RSIが70%以上もしくは30%以下のときに逆行現象が起きれば、トレンドの終了を示唆する重要なサインです。

 

RSIなどオシレータ一系の指標は、大きなトレンドの初期段階ではさほど有効ではなく、トレンドの終了が近づくにつれ、有効になってきます。ボックス相場(もみ合い相場)で特に効力を発揮するチャートといえます。

RSI(アールエスアイ)関連ページ

FXのチャートの見方
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
初心者はトレンドに逆らわず取引する
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
トレンドラインを引く
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
FXで「節目」を探す方法
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
移動平均線とは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
為替値動きの代表的なパターン
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
テクニカルチャートとは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
MACD(マックディー)
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
ボリンジャーバンド
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
ストキャスティクス
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方