勝てないFXはしたくない

ボリンジャーバンドは標準偏差をつかった指標

 

ボリンジャーバンドとは、移動平均線を発展させたものです。移動平均線を中心にして、上下にバンドといわれる線を引くのが特徴です。

 

これは、ジョン・ポリンジャーにより開発されたトレーディング手法です。続計学に通常用いられる数式を、データ系列の標準偏差(データが平均値を中心にどのくらい散らばっているかを示すもの)を測定するのに用いて、トレーディングバンドの幅を計算するのに応用したものになります。

 

ボリンジャーバンドは移動平均線と標準偏差で構成され、一般的には移動平均線から上下にそれぞれ2標準偏差離れたものを使用します。移動平均線の上に2本、下に2本で、移動平均線と合わせて合計5本の線が引かれることになります。

 

2つのバンドが接近し、チャートが横ばいにある状況の時が理想的な売買のタイミングです。ローソク足がバンドの外にはみ出たとき、つまり、ローソクブレイクした時点でポジションを取ります。

 

両方のバンドがトレンドを示している場合は、トレンドが継続すると読みますが、トレンドが転換した場合には、売買のシグナルになります。決済のタイミングは、下方バンドが上昇に転じたとき、または上方バンドが下降に転じたときです。

バンドからはみ出したらトレンドの転換のサイン

ボリンジャーバンドの特徴は、為替レートはボリンジャーバンドの中で推移すると仮定し、そのバンドからはみ出たときに、売られすぎ・買われすぎのシグナルと判断します。

 

為替レートがバンドをはみ出るときは、相場の前提条件に大きな変化や突発的事象がある場合があります。

 

バンドの収縮状態が長く続き、そのあと為替レートがバンドをはみ出ると、トレンド転換の可能性が高いといえるでしょう。

 

バンドは取引参加者のポジション状態を表します。トレンドが一方に傾くと、参加者の心理は徐々に不安になり、上昇相場では利益確定が大きくなります。逆に、下落相場では安値買いが多くなります。その結果、そのトレンドは徐々に弱まり、バンドの幅が挟まります。

 

さらに、レートがこれまでのトレンドと反対方向に動くと、一気に中心の移動平均線方向へ、バンドの調整が起こるのです。

 

 

販売開始から3周年たってもランキング上位をキープ中!FX初心者にでもぱぱっと楽しく稼ぐことができるスキャルピングプロジェクト

詳しくはコチラから
 ↓ ↓ ↓
仕事帰りのサラリーマンも、忙しい主婦も時間をみつけてFXで効率よく稼ぐ方法 『恋スキャFXビクトリーDX完全版』

ボリンジャーバンド関連ページ

FXのチャートの見方
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
初心者はトレンドに逆らわず取引する
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
トレンドラインを引く
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
FXで「節目」を探す方法
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
移動平均線とは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
為替値動きの代表的なパターン
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
テクニカルチャートとは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
MACD(マックディー)
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
ストキャスティクス
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
RSI(アールエスアイ)
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方