勝てないFXはしたくない

トレンドを鮮明にするMACD

 

MACDは、日本語で「移動平均収束拡散法」と訳されます。

 

MACDは短期と長期の移動平均線の離れ具合(乖離率)を曲線で表し、2つの線が絡む点を見ることでトレンドをとらえます。これは、オシレーターといわれる、主に買われすぎ・売られすぎなどを示す分析法のひとつで、短期のトレンドをとても鮮明に出してくれます。

 

ごく簡単にいえば、「2本の線が近づいたり離れたりする動き」を数値化したものです。上昇トレンドであればMACDは上昇し「買いサイン」を表します。下降トレンドの場合はMACDの値も下降し「売りサイン」を表してくれます。

MACDで売買シグナルをつかむ

MACDには基本的な売買シグナルがあります。

 

MACDがマイナス圏(0より下)で移動平均線を下から上に抜いたところで買い、MACDがプラス圏(0より上)で移動平均線を上から下に抜いたところで売りです。

 

また、単純にMACDの値が0を超えたら買い、反対に、0を下回ったら売りという分析方法もあります。

 

MACDの売買シグナルをまとめると次のようになります。

 

 MACDが、マイナス圏でゴールデンクロスしたら買い

 

 MACDが、プラス圏でデッドクロスしたら売り

 

こうみると非常に便利そうなMACDですが、絶対にサインどおりにいくというわけではなく、シグナルの出るタイミングが遅いときがあります。これは、ダマシと呼ばれるものです。ダマシとは、FXのチャートにおいて一般的なセオリーに当てはまらず、短期的にチャートのサインがはずれてしまうことです。

 

FXでは、ひとつのテク二カル指標を信じすぎてはいけません。複数のチャートを用いてダマシを見つけることが必要になります。

 

 

初心者でも学んだその日から使えるシンプルなロジック!自信がない人でも大丈夫。すぐに相場から利益を抜き取ることができます。

   ↓ ↓ ↓
One Minute's FX TAMURA式・FX1分足トレード法 ワンミニFX

MACD(マックディー)関連ページ

FXのチャートの見方
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
初心者はトレンドに逆らわず取引する
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
トレンドラインを引く
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
FXで「節目」を探す方法
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
移動平均線とは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
為替値動きの代表的なパターン
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
テクニカルチャートとは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
ボリンジャーバンド
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
ストキャスティクス
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
RSI(アールエスアイ)
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方