勝てないFXはしたくない

 

トレンドラインとは、チャートの方向性をわかりやすく見るための補助線のことです。トレンドは上昇・下降・横ばいの3つに分類することができます。このトレンドを見るのがトレンドラインです。トレンドラインの方向から、現在のトレンドを読み取り、これからの為替レートの方向性を探ります。

 

上昇トレンドでは、ローソク足の下側、つまり安値の2点以上が接する線を引きます。これを上昇トレンドライン(下値支持線)と呼びます。

 

逆に、下降トレンドならば、ローソク足の上側、高値の2点以上が接するような線を引きます。これを下降トレンドライン(上値抵抗線) と呼びます。

多くの安値、高値を結ぷラインを引く

トレンドラインを引くときに覚えておいたほうがよいポイントがあります。

 

ヒゲを無視する

 

為替は24時間動いているので、ヒゲの信頼性はあまり高くありません。

 

あまり正確に引こうと思わない

 

トレンドラインには、特にこれが正解という引き方がないので、自分のわかりやすいようにラインを引くことをおすすめします。

 

より有効なトレンドラインを引くためには3つから4つの安値、または高値を結ぶというように、多くの値を結ぶといいでしょう。

 

多くの安値あるいは高値を結べるということは、過去においてそのトレンドラインが示す価格以下(以上)に下(上)がらないということになります。

 

はじめは2点でしか結べないトレンドラインでも、後にそのトレンドラインが示す水準で価格が反転した場合、もしくはトレンドラインからかけ離れても、再び近づく場合には、そのトレンドラインは有効に機能しているわけです。

 

しかし、ひとたび価格がトレンドラインを突き抜けたら、新しいトレンドに入った可能性が高くなります。レジスタンスラインを上に抜いたら、さらなる上値を追っていきます。逆に、サポートラインを割り込むようであれば、売り圧力が強いといえます。

 

このトレンドラインを上または下に突き抜けるポイントを、「ラインを破る点」という意味で「ブレイクポイント」といいます。

 

 

負けてばかりのトレーダーだったとしても、投資経験ゼロの主婦だったとしても、臨機応変に相場を攻略できるようになる!「Maestro FX」

詳しくはコチラから
 ↓ ↓ ↓
これでダメならFXはやめましょう。「Maestro FX」

 

 

トレンドラインを引く関連ページ

FXのチャートの見方
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
初心者はトレンドに逆らわず取引する
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
FXで「節目」を探す方法
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
移動平均線とは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
為替値動きの代表的なパターン
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
テクニカルチャートとは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
MACD(マックディー)
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
ボリンジャーバンド
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
ストキャスティクス
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
RSI(アールエスアイ)
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方