勝てないFXはしたくない

過去の値動きのデータをグラフ化したもの

 

チャートとは、過去の値動きのデータを価格や時間を軸としてグラフにしたものです。

 

FXのチャートも基本的には株と見方は同じです。為替レートの動きを数字のデータで読むのではなく、グラフ化したチャートを使って見ることで相場の流れをひと目で把握できます。

 

チャートにはさまざまなタイプがありますが、一般的なものがローソク足という表示方法です。値動きのクセや習性を調べたり、チャート上に補助線を引いて売買のタイミンクをはかるなどして利用します。

 

チャートを使って、各通貨の過去の値動きを読み、将来の値動きを予想する方法をテク二カル分析と呼びます。

チャート分析はテクニカル分析の基本

テク二カル分析は、過去の為替の動きに注目して、将来の為替の動きを予測する点が特徴です。日々の為替レートの細かな動きに注目し、詳細に分析することで、FX取引のタイミングをとらえることができます。

 

チャートを使うテク二カル分析以外に、政治や経済、天候などのさまざまな要因をもとにして総合的に為替の動向を分析するファンダメンタルズ分析があります。

 

もっとも望ましいのは、ファンダメンタルズ分析とテク二カル分析を合わせて判断することですが、特にデイトレードをはじめとする短期でFX売買を行なう人にとって、テク二カル分析は、売り時、買い時を見極める重要な手掛かりになります。

 

それに対し、ファンダメンタルズ分析は、一般的に中長期投資の分析に向いているといわれています。

FXのチャートの見方

チャートの表示のされ方は、1分、1日、3ヶ月といった比較的短期のものから、1年、3年、といった長期のものまでさまざまで、これらを必要に応じて使い分けることが必要です。

 

チャートを見る際、支持繰と抵抗線に注目します。為替レートは上下に波のような動きをします。波の上部が抵抗線、波の下部が支持線となり、そのあたりで折り返す可能性が高くなります。上昇局面では安値を、下降局面では高値をそれぞれ結びます。この線を、トレンドラインと呼びます。

 

 

FXで勝てる人と勝てない人の違いは、長年の実証済みルールを「知っているか」「知らないか」の違いなのです。

    ↓ ↓ ↓
初心者の方や上手くいっていない方は、これ以上勉強するのはやめて下さい!2014年版「FXの黄金律DVD」

 

ローソク足の構造と種類

ロ−ソク足とは為替レートの動きがひとめでわかるように、ローソクの形を使って表現したものです。

 

ローソク足の形から、1日の始値、終値、高値、安値の4つの値(四本値)を知ることができます。1日の値動きを1本で表す日足のほかに、分単位、週単位、月単位、年単位でも表されます。それぞれ、分足、週足、月足、年足と呼びます。

 

ローソク足は大きく分けて、陽線と陰線の2種類があります。陽線は始値よりも終値が高かったローソク足のことをいい、陰線は始値よりも終値が安かったときのローソク足のことをいいます。

 

始値や終値から、上下に伸びた線はヒゲといいます。

FXのチャートの見方関連ページ

初心者はトレンドに逆らわず取引する
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
トレンドラインを引く
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
FXで「節目」を探す方法
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
移動平均線とは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
為替値動きの代表的なパターン
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
テクニカルチャートとは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
MACD(マックディー)
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
ボリンジャーバンド
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
ストキャスティクス
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
RSI(アールエスアイ)
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方