勝てないFXはしたくない

チャートの基礎知識

 

相場の値動きを知るために欠かせないのがチャートです。チャートを上手に活用することで、相場の勢いや方向性を読み取ることができるのです。FXでチャートの基本を理解したら、その応用として「買いサイン」「売りサイン」がひと目でわかる、テクニカルチャートの使い方を見ていきましょう。

 

 

販売開始から3周年たってもランキング上位をキープ中!FX初心者にでもぱぱっと楽しく稼ぐことができるスキャルピングプロジェクト

詳しくはコチラから
 ↓ ↓ ↓
仕事帰りのサラリーマンも、忙しい主婦も時間をみつけてFXで効率よく稼ぐ方法 『恋スキャFXビクトリーDX完全版』

チャートの基礎知識記事一覧

FXのチャートの見方

チャートとは、過去の値動きのデータを価格や時間を軸としてグラフにしたものです。FXのチャートも基本的には株と見方は同じです。為替レートの動きを数字のデータで読むのではなく、グラフ化したチャートを使って見ることで相場の流れをひと目で把握できます。チャートにはさまざまなタイプがありますが、一般的なものが...

≫続きを読む

初心者はトレンドに逆らわず取引する

トレンドとは、相場の流れの傾向や方向のことです。トレンドは上昇トレンド、下降トレンド、横ばいの3つに分けられます。トレンドの定義を簡単にいえば、次のようになります。上昇トレンド…上昇の力が強く働く相場下降トレンド…下降の力が強く働く相場横ばい(ボックス)…上昇、下降どちらも同じくらいの力の相場FXの...

≫続きを読む

トレンドラインを引く

トレンドラインとは、チャートの方向性をわかりやすく見るための補助線のことです。トレンドは上昇・下降・横ばいの3つに分類することができます。このトレンドを見るのがトレンドラインです。トレンドラインの方向から、現在のトレンドを読み取り、これからの為替レートの方向性を探ります。上昇トレンドでは、ローソク足...

≫続きを読む

FXで「節目」を探す方法

節目とは、トレンドを変えるターニングポイントのことです。為替レートの動きがいったん止まったところや過去の高値・安値など、相場が転換しやすい価格帯を指します。どこを節目とするかはFX投資家によって見方が異なり、株価チャートを見るときの重要なポイントとなります。上昇トレンドのときは、その地点まで上昇する...

≫続きを読む

移動平均線とは

移動平均線とは、過去の一定期間の終値の平均値を出し、それをつないだ線のことです。これは現在のトレンドを判断するのにも有効で、ざっくりいえば移動平均線が上向きなら上昇トレンド、下向きなら下降トレンドと判断できます。移動平均線にはさまざまな種類がありますが、一般的には、単純移動平均線が用いられます。単純...

≫続きを読む

為替値動きの代表的なパターン

過去の値動きのパターンを知ることで、今後のトレンドの予測ができるようになります。そこで、「グランビルの法則」を使って中期のトレンドのつかみ方を見ていきましょう。移動平均線は、アメリカの著名なアナリストであるマイケル・H・グランビルによって普及しました。「グランビルの法則」は、売買時期をつかむための基...

≫続きを読む

テクニカルチャートとは

ローソク足チャートは、為替レートの値動きをグラフ化したものでしたが、ほかに、将来の為替レートの動向を分析するチャートがあります。これをテク二カルチャートと呼びます。過去の数値やデータをもとに現在の為替レートを分析する指標です。おもに、為替レートの方向性を示す「トレンド系」と、買われすぎや売られすぎを...

≫続きを読む

MACD(マックディー)

MACDは、日本語で「移動平均収束拡散法」と訳されます。MACDは短期と長期の移動平均線の離れ具合(乖離率)を曲線で表し、2つの線が絡む点を見ることでトレンドをとらえます。これは、オシレーターといわれる、主に買われすぎ・売られすぎなどを示す分析法のひとつで、短期のトレンドをとても鮮明に出してくれます...

≫続きを読む

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、移動平均線を発展させたものです。移動平均線を中心にして、上下にバンドといわれる線を引くのが特徴です。これは、ジョン・ポリンジャーにより開発されたトレーディング手法です。続計学に通常用いられる数式を、データ系列の標準偏差(データが平均値を中心にどのくらい散らばっているかを示すも...

≫続きを読む

ストキャスティクス

ストキャスティクスは、過去一定期間における高値、安値に対して、その日の終値がどのような位置にあるかを数値化することによって、価格の推移傾向を判断していく分析手法です。米国のチャート分析家、ジョージ・レーンによって考案されました。簡単にいえば、FXで現在の価格が「買われすぎ」でないか、「売られすぎ」で...

≫続きを読む

RSI(アールエスアイ)

RSIは、「相対力指数」ともいいます。過去一定期間の変動幅における上昇分の割合を表したもので、ストキャスティクスと同様に売られすぎ・買われすぎを判断する逆張り系の指標です。具体的には、過去一定期間の価格の上げ幅(前日比)の合計を、同じ期間の上げ幅の合計と下げ幅の合計(いずれも絶対値)を足した数字で割...

≫続きを読む