勝てないFXはしたくない

取引業者が提示する売り値と買い値のW表示

 

2Wayプライスとは、投資家が注文を出す際に、FX取引業者が売りと買いの両方の取引レートを同時に提示することです。

 

たとえば「米ドル/円 115・50-115.55」と表示された場合、安い数字は投資家にとっての売り値、高い数字は投資家にとっての買い値を示しています。

 

この2つの価格表示の意味は、投資家が1ドルを買うときは1ドル=115円55銭で、投資家が1ドルを売るときは1ドル=115円50銭ということになります。反対に価格を提示する側、つまり取引業者が、米ドルを1ドル=115円50銭で買い、1ドル=115円55銭で売るということを意味します。

取引業者による不正な操作を防止

2Wayプライスの表示では、左側の数値(買い値)をBid(ピット)右側の数値(売り値)をASk(アスク)またはオファーと呼んでいます。

 

2WaYプライスのもっとも大きなメリットは、売り値と買い値が同時に表示されることによって、売買の透明性が向上することです。これにより、取引業者による不正な操作を防止することができるのです。

 

取引業者による不正とは、具体的に、ドルを買いたい投資家には高い価格を表示して売り、ドルを売りたい投資家からは安い価格を表示して買い取る。または、売り値に不正な上乗せをしてマージンを取るなど、業者にとって有利な提示をすることです。

スプレッドは小さいほど得

先の例の為替レートにおいて、1ドルを買って1ドルを売った場合、為替相場が動かない状態でも、1ドル=115円55銭でドルを買って、1ドル=115円50銭でドルを売るわけですから、5銭の差額があります。この買い値と売り値の差をスプレッドといいます。

 

スプレッドは、FX取引業者のマージンのようなものですが、投資家からすれば手数料と同様に売買コストとなります。つまり、スプレッドが大きければ大きいほど、投資家にとってはより安く売り、より高く買うことになるので不利になります。

 

反対に、スプレッドは小さければ小さいほど投資家にとって得になります。

 

 

初心者でも学んだその日から使えるシンプルなロジック!自信がない人でも大丈夫。すぐに相場から利益を抜き取ることができます。

   ↓ ↓ ↓
One Minute's FX TAMURA式・FX1分足トレード法 ワンミニFX

2Wayプライスの表示関連ページ

FXの取引方法を知る
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
レバレッジとその効果とは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
スワップポイントとは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
証拠金と証拠金維持率
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
マージンコールの仕組み
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
ロスカットの仕組み
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方