勝てないFXはしたくない

損失を最低限に抑える

 

ロスカットとは、損失が大きくなりすぎた場合に、強制的に決済されることをいいます。

 

FXには、株のように値幅制限いっぱいまで売買できる「ストップ高」や「ストップ安」などの仕組みがありません。よって、通貨の相場が下落を続けると、証拠金が全額なくなるばかりか不足金が発生する可能性もあります。そのためのリスクを回避する仕組みがロスカットです。

 

ロスカットが適用された場合には、投資家にとって不利な為替レートであっても即座に売買が行なわれ、決済されます。

 

また、マージンコール発生後、期限がすぎても状況が改善されない場合にも適用されます。

適用の設定が異なるロスカットレベル

ロスカットはあらかじめ設定された必要証拠金維持率(ロスカットレベル)を割り込んだ場合に実行されます。これによって、預け入れた証拠金を最低限、維持することができるのです。ロスカットが適用される証拠金維持率は、FX取引業者によって異なります。

 

20〜30%に設定しているところが多いですが、中には30%、40%、50%の3段階から選べるところや、投資家が自ら設定できるところもあります。取引をする前に設定を確認しましょう。

 

 

負けてばかりのトレーダーだったとしても、投資経験ゼロの主婦だったとしても、臨機応変に相場を攻略できるようになる!「Maestro FX」

詳しくはコチラから
 ↓ ↓ ↓
これでダメならFXはやめましょう。「Maestro FX」

預け入れた資金以上の損金が発生することも

ロスカットはコンピューターで即時に自動決済されます。これにより資金の大半を失うリスクがあります。その場合は証拠金はわずかしか残りません。強制決済によって損失を被らないように、きちんと自分で損益管理をしたいものです。

 

基本的にロスカットになったとしても、証拠金以上に損失が出ることはありません。したがって不足金、つまり借金が残ることはないのですが、外国為替相場が過度に変動した場合には、執行される価格がロスカットの水準から大きく離れ、維持証拠金額を大きく割り込んで決済される可能性があります。この場合は預け入れた資金以上の損金が発生することになります。

 

強制決済を避けるためにも、証拠金の額に余裕を持った取引をすることが大切です。また、ロスカットを避けるために、レバレッジを抑えることも有効です。

ロスカットの仕組み関連ページ

FXの取引方法を知る
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
レバレッジとその効果とは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
スワップポイントとは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
証拠金と証拠金維持率
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
マージンコールの仕組み
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
2Wayプライスの表示
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方