勝てないFXはしたくない

各国の経済指標が為替レートを動かす

 

証拠金の何倍もの外貨を取引できるFXですが、それだけハイリスクな取引といえます。そこでFX取引業者は、株の現物取引や外貨預金にはない仕組みを導入しています。証拠金を大きく上回るような損失を防ぐためのリスクコントロールです。その、主なものが、マージンコールとロスカットルールです。

状況の改善を促すマージンコール

レバレッジがかかっている場合は、通常の何倍もの勢いで証拠金が大きくマイナスになることがあります。この倍率はレバレッジの倍率によります。つまり、レバレッジを10倍でかけている人は、レバレッジをかけない取引をしている人の10倍のマイナスを出してしまうということになります。

 

マージンコールとは、担保として預け入れた証拠金の金額が、現在の含み損を差し引くと大きくマイナスになる状況になった場合、証拠金の追加預け入れを求めるものです。取引業着で異なりますが、必要証拠金の50〜70%を下回るとマージンコールがかかる場合が多いようです。

 

マージンコールを導入している取引業者では、毎日、決められた時刻の為替レートをもとに各取引の証拠金維持率が計算されています。そこで必要証拠金が所定の維持率を下回ると、マージンコールが発生しメールなどで投資家に連絡されます。

 

マージンコールの仕組みがない業者もあります。これは、レバレッジがかなり高くかけられるため、マージンコールの基準を上回る取引が最初から可能になります。その場合は、突然、ロスカット(強制決済)になるので注意が必要です。

証拠金を追加で預け入れる

マージンコール制度そのものに拘束力があるというわけではありません。しかし、マージンコールが発生するということは、ロスカットの執行が間近に迫っていることを意味します。

 

マージンコールがかかったら、指定された時刻までに、追加の証拠金を証拠金維持率を超えるレベルまで預け入れて担保能力を高める必要があります。

 

または、ポジションを一部決済して、取引の規模を縮小することで、維持率を高める必要があります。

 

 

10万円の資金からスタート!最速でFXトレーダーになれるサインと共に一生付き合えるロジックも手に入れて下さい。

詳しくはコチラから
 ↓ ↓ ↓
TURBO FX〜3ステップ・トレードシステム〜

マージンコールの仕組み関連ページ

FXの取引方法を知る
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
レバレッジとその効果とは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
スワップポイントとは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
証拠金と証拠金維持率
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
ロスカットの仕組み
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
2Wayプライスの表示
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方