勝てないFXはしたくない

取引の担保として預け入れる証拠金

 

FXは一定額以上のお金を、担保としてFX取引業者にお金を預け入れて、外貨取引を行なうものです。この担保を「証拠金」(または「取引保証金」)と呼び、お金を担保にして取引を行なうことを「証拠金取引」といいます。

 

証拠金の多くは、円貨のみが可能となっていて、外貨や株式などの有価証券を証拠金として預け入れることはできない場合が多いようです。

 

証拠金の必要最低額は、取引業者によって異なります。また、取引する通貨ペアによって異なる場合もあります。多くの取引業者では、取引する額のおよそ2〜5%程度です。

 

たとえば証拠金が2%の取引業者で、1万ドルの取引をした場合は、1万ドルの2%(200ドル) が証拠金として必要となります。円ドルの為替レートが1ドル=100円であれば、2万円(200ドル×100円)が最低限の証拠金となります。

証拠金維持率は証拠金の残高の割合

証拠金維持率とは、取引している金額に対して、実際に預け入れたお金(証拠金)の残高の割合を表し、保証金維持率ともいいます。

 

リスクの確認をするためには、証拠金維持率がひとつの大きな目安になります。証拠金維持率は、「証拠金残高÷証拠金×100%」で求めることができます。

 

先ほどの例であれば、最低限に必要となる証拠金の2万円しか口座にない場合では、証拠金維持率は100%となります。これ以上、新しい投資を行なうことはできない金額です。

 

なお、レバレッジでいえば、この取引はレバレッジ50倍(100万円÷2万円=50倍)という、ハイリターンである代わりに、ハイリスクな取引であるといえます。

 

ほとんどの取引業者では、証拠金維持率が50〜70%程度になった時点で、取引業者から追加で証拠金を入金するように依頼が入ることになります。これを「マージンコール」と呼びます。

 

それをさらに割り込んでいくと、強制的にその時点の相場で取引終了されてしまいます。これを「ロスカット」といいます。この制度は、取引業者によっては扱いがないところもありますが、証拠金を大きく上回るような損失が出ないようにするためのリスクヘッジなのです。

 

 

FXで勝てる人と勝てない人の違いは、長年の実証済みルールを「知っているか」「知らないか」の違いなのです。

    ↓ ↓ ↓
初心者の方や上手くいっていない方は、これ以上勉強するのはやめて下さい!2014年版「FXの黄金律DVD」

証拠金と証拠金維持率関連ページ

FXの取引方法を知る
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
レバレッジとその効果とは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
スワップポイントとは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
マージンコールの仕組み
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
ロスカットの仕組み
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
2Wayプライスの表示
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方