勝てないFXはしたくない

「てこの原理」を利用して大きな取引

 

FXは、はじめにFX取引業者に「証拠金 (自己資本金)」を担保として預け入れることで、証拠金以上の取引ができるようになります。レバレッジとは、証拠金にかける「てこ」のようなものです。通常は倍率で表され、レバレッジ○倍といういい方をします。レバレッジの大きさは業者により異なりますが、1〜100倍程度があります。

レバレッジと為替差益は比例する

たとえば、10倍のレバレッジを利かせたとします。為替レートが1ドル=100円の場合、10万円を両替すると1000ドルになります。しかし、FXであれば、10万円の証拠金をもとに、外貨預金の10倍である1万ドルの外資を取引することができるのです。

 

レバレッジの最大の魅力は、レバレッジに比例して、為替差益が大きくなることです。先の例で円安が進み、1ドル=110円になったとします。1000ドルを日本円に戻した場合、11万円となり、外貨預金の為替差益は1万円です。一方、FXの場合は、1万ドルを日本円に戻すので、為替差益は10万円になります。つまり、レバレッジが10倍なら、為替差益も10倍になるのです。

 

ただし、為替差益と為替差損は表裏一体です。為替差益が膨らむ可能性があるということは、つまり為替差損もそれだけ膨らむ可能性があります。

初心者はレバレッジ2〜3倍がベター

レバレッジを400倍までかけられる取引業者もありますが、これほど高くして運用すると、ちょっとした相場の変動で証拠金が不足してしまいます。リスクコントロールがうまくいかない初心者は、2〜3倍程度にしておいたほうがよいでしょう。

 

また、レバレッジは1倍でもできます。FXは外貨預金に比べてスワップポイントが高く、手数料が少ないので、レバレッジ1倍でも、十分、有利な取引ができます。

 

レバレッジは、FXのほかに株の信用取引などでも利用できます。しかし、株の信用取引は上限が3倍など、FXと比べてレバレッジは低い設定になっています。

 

 

初心者でも学んだその日から使えるシンプルなロジック!自信がない人でも大丈夫。すぐに相場から利益を抜き取ることができます。

   ↓ ↓ ↓
One Minute's FX TAMURA式・FX1分足トレード法 ワンミニFX

レバレッジとその効果とは関連ページ

FXの取引方法を知る
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
スワップポイントとは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
証拠金と証拠金維持率
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
マージンコールの仕組み
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
ロスカットの仕組み
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
2Wayプライスの表示
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方