勝てないFXはしたくない

ネットFXの基礎知識2

 

ネットFXの仕組みや基本的なルールについて説明します。FXの取引方法や、レバレッジ、スワップポイントなどFXをはじめるのに欠かせない基礎知識です。

 

 

販売開始から3周年たってもランキング上位をキープ中!FX初心者にでもぱぱっと楽しく稼ぐことができるスキャルピングプロジェクト

詳しくはコチラから
 ↓ ↓ ↓
仕事帰りのサラリーマンも、忙しい主婦も時間をみつけてFXで効率よく稼ぐ方法 『恋スキャFXビクトリーDX完全版』

 

 

ネットFXの基礎知識2記事一覧

FXの取引方法を知る

FXの取引はFX取引業者に一定の金額を証拠金として預け入れ、これを担保に2つの通貨を売買します。FXで手に入る利益に、為替差益があります。為替差益は、為替レートの変動によって手に入る利益です。外貨を買って利益を得るには円が高い時に外貨を買い、円が安いときに外貨を売ります。このとき、外貨を売ることを、...

≫続きを読む

レバレッジとその効果とは

FXは、はじめにFX取引業者に「証拠金 (自己資本金)」を担保として預け入れることで、証拠金以上の取引ができるようになります。レバレッジとは、証拠金にかける「てこ」のようなものです。通常は倍率で表され、レバレッジ○倍といういい方をします。レバレッジの大きさは業者により異なりますが、1〜100倍程度が...

≫続きを読む

スワップポイントとは

スワップポイントは、FXで得られる利益のひとつです。スワップは「交換する」、ポイントは「数値の差」を意味します。つまりスワップポイントとは、2種類の通貨を交換するときに生じる金利差をいいます。FXでは、低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うと、その金利差、つまりスワップポイントを受け取ることができま...

≫続きを読む

証拠金と証拠金維持率

FXは一定額以上のお金を、担保としてFX取引業者にお金を預け入れて、外貨取引を行なうものです。この担保を「証拠金」(または「取引保証金」)と呼び、お金を担保にして取引を行なうことを「証拠金取引」といいます。証拠金の多くは、円貨のみが可能となっていて、外貨や株式などの有価証券を証拠金として預け入れるこ...

≫続きを読む

マージンコールの仕組み

証拠金の何倍もの外貨を取引できるFXですが、それだけハイリスクな取引といえます。そこでFX取引業者は、株の現物取引や外貨預金にはない仕組みを導入しています。証拠金を大きく上回るような損失を防ぐためのリスクコントロールです。その、主なものが、マージンコールとロスカットルールです。

≫続きを読む

ロスカットの仕組み

ロスカットとは、損失が大きくなりすぎた場合に、強制的に決済されることをいいます。FXには、株のように値幅制限いっぱいまで売買できる「ストップ高」や「ストップ安」などの仕組みがありません。よって、通貨の相場が下落を続けると、証拠金が全額なくなるばかりか不足金が発生する可能性もあります。そのためのリスク...

≫続きを読む

2Wayプライスの表示

2Wayプライスとは、投資家が注文を出す際に、FX取引業者が売りと買いの両方の取引レートを同時に提示することです。たとえば「米ドル/円 115・50-115.55」と表示された場合、安い数字は投資家にとっての売り値、高い数字は投資家にとっての買い値を示しています。この2つの価格表示の意味は、投資家が...

≫続きを読む