勝てないFXはしたくない

投資に厳しい制限がないこと

 

1990年代から高い経済成長力で発展してきた中国や東南アジア、中南米諸国は、新興国と呼ばれています。有望な投資先ではありますが、注意も必要です。

 

それらの国々の政府や中央銀行では、外資が急速に流入したり流出したりすると国内経済が大きく変動するとして、厳しい制限を設けているケースがあるのです。海外からの投資が難しい国もあれば、投資を引き上げる際に中央銀行の許可を必要とする場合もあります。

 

比較的自由に投資でき、必要なときに引き上げることができる通貨を選ぶことが重要です。

 

 

初心者でも学んだその日から使えるシンプルなロジック!自信がない人でも大丈夫。すぐに相場から利益を抜き取ることができます。

   ↓ ↓ ↓
One Minute's FX TAMURA式・FX1分足トレード法 ワンミニFX

流動性が高いこと

買いたい通貨があるのに売ってくれる人がいない、あるいは売りたいのに誰も買ってくれないというのでは、安心して投資はできません。いつでも自由に買いたいときに買え、売りたいときに売れることは重要で、これを流動性が高いといいます。市場は、取引量が多いほど流動性が高くなります。と同時に、投資判断に有益な経済指標などの情報も多くなるのです。

 

逆に、取引量が少ないと、わずかな売り買いでも値動きが敏感に反応して、為替レートが乱高下しやすくなります。最も流動性の高い通貨は、世界の基軸通貨である米ドル、次いでユーロです。基軸通貨とは国際間の決済や金融取引に使われる通貨のこと。投資のビギナーなら、まずは米ドルかユーロの取引から始めるとよいでしょう。そこで十分な成果とノウハウを得てから、より大きな利鞘を目標にほかの通貨に挑戦してみることです。

FX投資の対象となる外貨の選び方A関連ページ

FX投資の対象となる外貨の選び方@
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
各種情報の利用@
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
各種情報の利用A
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
新聞の国際面のどこをチェックするか
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
新聞のマーケット面のどこをチェックするか
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方