勝てないFXはしたくない

為替差益の生じる仕組み

 

為替差益とは、為替レートの変動によって得られる利益のことです。円高でドルを買い、円安で米ドルを売ることで為替差益が発生します。逆に損失を為替差損といいます。

 

たとえば、FXで1ドル=100円の為替レートのドルを購入したとします。その後、円安が進み、1ドル=110円になったところでドルを売って円に戻しました。この場合、為替差益の10円が手に入ります。

 

一方、この時点ではドルを売らなかったとします。しばらくすると円高になりました。1ドル=95円の為替レートで、ドルを売って円に戻したとします。この場合、為替差損が5円発生し、損失を受けることになります。

円高で買い円安で売る

FXをはじめとした外貨投資で為替差益を狙うには、円高で外貨を買っておき、円安で売るのがポイントです。これは、株式投資で株を安いうちに買い、値上がりしたら売って利益を得る考え方と同じです。

 

外貨投資をする場合、うまく相場の流れの傾向を見極めることができれば、金利や配当金などに加えて、この為替差益を得ることができます。こうして利益を何倍にも増やすことも期待できるのです。

 

しかし、相場の動向を読み間違えると、反対に為替差損が生じ、たとえ金利や配当金があったとしても、合計してみると帳消しになってしまう可能性もあるので、常に念頭に置いておかなくてはなりません。

外貨投資には為替レートが2回影響

FXをはじめとする外貨投資の場合、国内投資と比べて、円高・円安の影響はとても大きいものになります。というのも、外貨投資はまず、日本円を外貨に交換します。取引後、再び日本円に換金することになります。つまり、外貨投資を行なう場合には、日本円から外貨、外貨から日本円と、2度にわたって為替レートの影響を受けることになるからです。

 

外貨投資は、同じ日本円でどれだけ買えるか、同じ外貨でどれだけ多くの日本円が買えるかが重要になるので、日本円で外貨を買う場合は、できるだけ円高のときを狙って購入するようにします。反対に外貨を売る場合には外貨高、つまり、円安のほうが日本円がたくさん買えます。

 

 

負けてばかりのトレーダーだったとしても、投資経験ゼロの主婦だったとしても、臨機応変に相場を攻略できるようになる!「Maestro FX」

詳しくはコチラから
 ↓ ↓ ↓
これでダメならFXはやめましょう。「Maestro FX」

為替差益と為替差損関連ページ

外国為替市場とは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
為替レートとは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
円高・円安が及ぼす影響
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
世界の通過の特徴
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
経済指標で為替動向を読む
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
FXのメリット
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
FXのリスク
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方