為替レートとは

各国の経済指標が為替レートを動かす

 

為替レートとは、海外の通貨と交換するときの取引価格、あるいは相場のことです。為替レートは、ある通貨を売りたい「売り手」と、買いたい「買い手」が価格交渉をして決められます。

 

売り手も買い手も、刻々と変化する世界経済の情勢やニュースなどをもとに売買の判断をしているので、為替レートは常に変動しています。

 

為替レートに影響する要因のひとつに、各国の経済指標があります経済指標には、GDP (国内総生産)の伸び率、失業率、インフレ率、財政収支の赤字・黒字、経常収支の赤字・黒字額などがあります。

 

特に、基軸通貨(国際間の決済や金融取引の基軸となる通貨)であるドルを発行している米国の経済指標は、為替レートに大きな影響を与えます。発表される指標から米国の景気がよくなると判断されれば、米ドルは日本円などの通貨に対して上昇し「ドル高」になります。

金利と為替レートの密接な関係

要因の2つめは金利です。通常、低金利の通貨はマイナス評価され、国から資本が流出し、為替レートの低下につながります。一方、高金利の通貨はプラス評価され、その国へ資本が流入し、為替レートは上昇に向かいます。

 

金利と為替の関係が着目され始めたのは、80年代に米国が高金利政策を打ち出してからとされています。その高金利政策が、大幅なドル高をもたらしました。以来、為替市場でも金利に注目が集まるようになったのです。

投資家の予想が為替レートに影響する

要因の3つめは、テク二カル要因です。テク二カル要因とは、投資家が、過去の相場の動きを示すグラフ(チャート)などを使って相場を予想することです。

 

為替のプロディーラー、巨大な資金力を持つヘッジファンド(あらゆる金融商品を扱うファンド)などは、コンピューターを駆使し、特殊なチャートを用いて精度の高い分析をしています。

 

また、多くの一般投資家もチャートを分析することで為替レートの予想をしており、こうした投資家の行動が、為替レートの変動に大きな影響を与えています。

 

 

FXで勝てる人と勝てない人の違いは、長年の実証済みルールを「知っているか」「知らないか」の違いなのです。

    ↓ ↓ ↓
初心者の方や上手くいっていない方は、これ以上勉強するのはやめて下さい!2014年版「FXの黄金律DVD」

為替レートとは関連ページ

外国為替市場とは
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
円高・円安が及ぼす影響
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
為替差益と為替差損
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
世界の通過の特徴
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
経済指標で為替動向を読む
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
FXのメリット
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方
FXのリスク
勝てないFXはしたくない人のためのよくわかるFXの始め方